調査概要

本調査では生き物や自然界への影響を及ぼすごみの散乱状況を全国規模で把握し、ごみの散乱防止対策、水辺の環境保全活動へ役立てることを目的とします。
調査は、身近な水辺で調査項目のごみを拾って、その個数を数えます。拾うことが出来ない場合は、その数を数えるだけでも構いません。調査した結果をEメール等で事務局までご報告ください。
 
■調査の場所
 身近な水辺ならどこでも構いません(河川、用水路、湖沼、海岸)。水辺の近くに散乱しているごみを調査します。
 ※外部との流出入のない沼・ため池・田んぼ、水面・水中なども対象となりますが無理しないでください。
 ※河川敷(高水敷)も調査の対象となります。

■調査・報告項目
 1)飲料ペットボトル
 2)レジ袋
 3)カップ型飲料容器 
 その他、調査基本情報(調査位置、調査範囲など)

■調査期間・回数
 2017年4月1日 ~ 11月30日
 ごみを回収する場合は、同じ場所で何度でも調査可能。回収しないで数えるだけの場合は、1会場での報告は1回のみ。

 報告締め切り:11月30日(木) 後日、全国の調査結果を公表します!